• 未来のためにできることを今から小さく始める

    事業を100年継続するために必要なことは

    「時流に則した体制の維持」

    高い生産性を維持し、価値を生み出すためにはその時代に最適な環境を保ち続ける必要があります。

    今後カギを握るクラウド、RPA、人工知能といった大企業に引けを取らない情報システムの導入を我々が支援します。

    Cloud IT Care はこれらの環境をお客様に合わせて段階的に取り入れていくことができるため、最小の負担で最大の効果を発揮できるのです。

  • 中小企業に大きな力を、手の届くコストで

    Cloud IT Care は柔軟で迅速に拡張可能なクラウドサービスをベースに構築されます。

    これまでIT環境構築にかかっていた初期コストを数万円レベルにまで抑え、小さく始められるようになったのは

    このクラウド環境のおかげです。

    クラウド環境には、業界シェアNo.1のAmazon Web Servicesを採用。

    安定性、セキュリティともに最高のレベルを保持しつつ、必要最小限の構成から始めることができます。

    最小限のコスト

    1ユーザーから導入可能

    高い拡張性

    事業の成長、要求に合わせて拡張

    最新を低コストで

    RPA、AIなどの最新技術を安価に導入

    柔軟性

    インターネットがあればいつでも使える

    安心の保守

    保守サービス付きだからいつでもサポートを受けられる

  • IT運用をコストから

    投資へと変える

    これまでIT環境の運用にかかる費用をコストとして捉えてきたのならばその考えを変えるときが来たのかもしれません。

    事業におけるITはメールやウェブでのコミュニケーション、情報の取得が主な役割でした。

    しかし、これからのITシステムはRPAのような作業の自動化、AIのような情報分析からの最適な判断など利益を生むために使われていきます。

    そして、今後日本が迎える「人口減少」という大きな課題を解決する一手としての役割もあるのです。

    新たな利益を生む、課題を解決するといった事業を駆動する原動力としてのIT活用をしていかなければいけない時期に到達しました。

    これが今、第四次産業革命と言われる所以でもあります。

  • クラウド移行

    オンプレミス環境をクラウドに移行

    - 10年で100社の実績 -

    会計・給与など(基幹システム)

    今お使いの業務ソフトをそのままクラウドで

    RPAの導入(負担の少ない段階的導入)

    業務の自動化で生産性を向上

    クラウド保守 Cloud IT Care

    ITシステム管理の負担を軽減

  • 新たな未来を Cloud IT Care とともに

    インストラクションではこれまで、時代に合わせて様々なサービスを提供してきました。

    インターネット創成期のISP、PC普及期の業務ソフト インストラクターからネットワークの保守へと変遷を繰り返し、今また新たなステージ、クラウドへと移行しています。

    25年以上にも及ぶ事業の中で常に、中小企業の活躍に焦点を当ててきましたし、それはこれからも変わりません。

    最新のテクノロジーを大企業のものだけではなく、どのような規模の事業者にも適切に活用してほしい。

    それが我々の願いです。

    これからの未来をどう進んでいくか。

    少しでも興味があればお気軽にご相談ください。